ごあいさつ

いつまでも現役で脳を柔らかく保ち、見た目の若さを保ち続けることが、一番の幸せではないでしょうか。
高齢になっても生き生きとしている人は、ゴルフや温泉、山に行ったり旅行を楽しんだり、アクティブな行動をしています。 しかし若々しいカラダを保つには、運動が出来るカラダでなければ、筋肉も関節も維持することは出来ません。
筋肉は70代、80代、でも筋力トレーニングによって増強できると言う記述があります。
カラダを鍛えることは、脳の認知機能を高める事とともに、精神機能にも良い効果があると言われています。
まず、カラダを鍛えることが出来る、カラダづくりのサポートをして、現役年齢を延ばす施術を目指しています。

【ほぐし療法の効果についての説明】
当院ではほぐし療法を主体に施術を行っております。
ほぐし療法は発生学的にも、日本人の胚葉指数分解において日本人の体型に充分考慮した手技ということが知られております。
基本的原理は皮膚(ひふ)や筋肉に存在する受容器を体性刺激することで、皮膚や筋肉にある受容器(ポリモーダル受容器、侵害受容器、)などに刺激が伝わり、筋肉のコリを緩和、局所の血流、改善、発痛物質を流します。痛みや、コリが取れて楽になるのは、下行性疼痛抑制系が賦活する為と考えられております。
全身をほぐすことでカラダも気持ちも楽になります。

経歴
わたし
ジョギングする私
page top