時雨整体院開業伝説 「ねこの手をかりました。」

今から14年前、私は下総中山の真間川沿いの、小さなアパートに住んでいました。私の部屋は2階で1階に大家さん夫婦が住んでいました。
ある日、大家さんの庭に白いものが跳びはねていました。とても動きが速いので、何かよくわからず、翌日大家さんに聞いて見ると、小さいねこが木の上に止まっていて、最初は鳥に見えたそうです。大家さんの家には既にねこがいたので、2匹は飼えないと言っていました。
夏の猛暑が続いている時で、私が帰ると白いものが伸びていました。私は直ぐにねこの餌を買いに行き、大家さんの縁の下に入れました。しろチャンもその傍の涼しいところに寝かしておきました。
数日後しろチャンは元気になり、2階に遊びに来る様になりました。大家さんも私が縁の下に餌をいっぱい入れたことに気づき、飼うことはできないけど、餌だけなら家で上げますと言ってくれました。
しろチャンをよく見ると、眼がグリーンでしっぽが太くて、座っているときは必ず右手を上げています。不思議なねこだと思っていました。その頃、私は開業する場所を探していました。知人に市川がいいと勧められて、市川周辺の地図を開いているところに、しろチャンが遊びに来たので地図の上を歩かせて見ました。すると真間と言う地名のところに、足跡が付きました。私はしろチャンが示した場所を翌日探しに来ました。ビルの1階の端に貸店舗入居者募集の張り紙がありました。
この店舗に決めました。今迄私が仕事を続けてこれたのも、しろチャンがこの店舗を紹介してくれたお陰だと思って、いつも感謝しています。

しろチャン-1

しろチャン-2

時雨整体院開業伝説 「なでイヌ御利益犬!」

私の店舗の前に鎮座している置物の犬、私の知人が店の前が殺風景なのでアクセントにと、くれたものです。
ある方が私の店に来て、その方は大変犬好きで、店の前の犬を撫でて帰りました。次に来たときに、その方の言うのには、アメリカで旅行会社を数十年経営されていて、撤退して日本に戻って来たそうです。アメリカで厚生年金を、かなりの額積んでいたそうですが、そのことをすっかり忘れていて、家に帰るとその通知が来ていてびっくりした。と言っていました。この犬はきっと御利益犬だから、みんなに撫でてもらった方がいいよと言われて、早速【なでイヌ御利益犬!】と書きました。
撫でた後パチンコ屋さんに寄ったら7万円取って御礼に来た人まで、現れました。最近はイヌがくわえているランプの隙間からお金を入れて行く人がいます。ランプにお金が貯まったら、盲導犬協会に寄付しようと思っています。

しろチャン-1

時雨整体院開業伝説 「時雨整体院と手児奈まつり!」

14年前、資金ゼロからのスタートでした。埼玉の友人がパソコンを持っていたので、二人でチラシを考えました。店舗の並びの不動産屋さんでコピー機を借りて、1枚5円で刷りました。朝と夕方、市川の駅前でチラシを配りました。チラシだけだと中々取ってもらえず、アメ横で飴を買って来てホチキスで留めました。(ちょつとアンタあめだけちょうだい!)何て言う、おばさんがいたりして、ポスティングだけで1日500軒ぐらい配った日もありました。川の向こうに希望があると思い、小岩まで自転車でポスティングに行ったこともありました。
そんな中、手児奈まつりの案内が来ました。1区画借りられると書いてありました。取り合えず借りることにしました。何をして良いのか分からず、丸イスと立て看板を持って行って見ていましたら、段々人が増えて来て、アイデアが浮かびました。
看板に白い紙を貼り付けて、【4分100円プロが行う究極の肩たたき!】と書きました。
何故か瞬く間に長蛇の列になって、その日は、130人ぐらいやりました。その時にチラシも配ったので、その後チラシを持って来院される方が続きました。
ですから、手児奈まつりは時雨整体院の原点でもあります。毎年本部席前付近で【4分間100円の肩たたき】を行っておりますので、是非お越しの際はお立ち寄り下さい。

photo1

photo1

photo1

photo1

page top